てならいラボとは

てならいラボのミッションは、世直サーを増やすこと。

てならいラボは、ライターikekayoの運営する伴走型のマンツーマンライティングレッスンです。
Webメディアが乱立し、キュレーションサイトからはあらゆるコンテンツやニュースが無限に発信され、日々わたしたちは情報に埋もれています。
かくいうわたしも細々とライターとしてWebを中心にコンテンツ発信をしており、世の中で錯綜する情報発信の片棒を担いでいます。
とはいえ、そこは玉石混交です。
少しでも、届いた人にとって「玉」になるよう思いを込めて書いています。

そんな思いでメディア側の中の人をやってきて思うのは、Webメディアが世界を救うことはないだろうということ。
でも、たった1本の記事が、ひとりを救うことはできるのではないかと思っています。

たった1本がひとりを救うということは、たぶんそれは10人くらいは救えるんじゃないかな、とも思っています。
10人が救われれば、その人の周りにいる何人かにも、いい影響があって広がっていくんじゃないかな、とも思っています。

言葉にはそれだけの力があるということを知っているからです。

それってけっこう社会貢献なんじゃないんだろうかと本気で思っています。
世の中を良くする人、それをわたしは「世直しする人」=「世直サー(よなおさー)」と呼びます。

言葉の力で世界を良くする世直サーを増やしたい。
そんな思いで、てならいラボは始まりました。

主宰者プロフィール

ikekayo

池田佳世子(ikekayo)

フリーランス編集長/ライター
ライティングコーチ
UIディレクター
Webディレクター

1980年岡山県生まれ。
芸大卒業後、新聞社系の広告代理店にてDTPオペレータとしてキャリアをスタートし、グラフィックデザイン、広告デザイン、Webデザイン、ディレクションと、主に広告&マーケ畑にてキャリアを形成。
それと平行していまほど「パラレルキャリア」が一般的でなかった2003年(新卒)から、あらゆる業種・業界においての複業も開始する。関わった組織はおよそ30社以上。その経験からオリジナルなポジションとキャラクターを確立。
2014年からは会社員の傍ら、個人事業としてインタビューやコラム執筆などのライティング業も開始。
2018年より個人事業主に。
現在は、アプリ開発のUIディレクションと執筆・編集の2軸を中心に、新規事業サポート、企画、取材、ワークショップ講師、各種アドバイザーなど、幅広いフィールドで活動中。

執筆実績

greenz.jp
https://greenz.jp/author/ikedakayoko/
起業家応援メディア ゼロイチ メンターからの手紙
https://suke10.com/feature/mentorkaranotegami
三宮一貫樓presents KOBEZINE
https://www.ikkanrou.co.jp/kobezine/

講師実績

ライターライセンスオブエラマ
https://tinyurl.com/y73lguc7
Webを通じて「伝わる文章」を書こう!書くことの本質を学ぶライティング講座
https://writing-wayout20190426.peatix.com/